中学受験 過去 問 何年分

過去問対策というのはやっぱり受験勉強の中でも重要度が高い勉強だと思いますが、いつから取り組むべきか非常に迷います。 長女の中学受験では、m塾の先生に言われるがまま、過去問は6年生の10月〜11月頃に取り組みました。 過去問をどうやって解くのか?わかっているような、わからないような我が家でした。塾の先生に聞いた時「本当にそれでいいの?」と思ってしまいました。気になったので、複数の他の先生にも聞いてみると、言い方は違っても内容は同じでした。できない問題がで 中学受験で欠かせない「過去問」。とはいえ、いつから取り組むべき?何年分やればいいの?などの疑問にお答えします!また、中学受験で効果的な過去問演習の方法もお教えします! 過去問が5年分とか多い学校だと10年分とかありますが、あれは出版社の利益のためです。 そもそも5年も10年も経てば問題作っている人も変わっているケースが多いですし、社会や理科、国語でもトレンドが変わっていますから、あまり役に立ちません。 あまり過去に遡らず、遡っても10年分くらいで十分かと思います。 結局灘中学の過去問は11月くらいからやり始め、10年分やりました。 東大寺学園は7年分、西大和学園は6年分、愛光学園は4年分 開成中学は3年分(結局受けませんでした) をやりました。 逆転合格者が続出!「10倍分かる過去問」では、中学受験専門・家庭教師の一橋セイシン会のトッププロ講師による志望校対策を、わかりやすい映像授業で学ぶことができます。

過去問は何年分、何回やればいいか。 2016年10月20日 / 中学受験で子どもと普通に幸せになる方法 過去問を買ってくると、学校によって収録されている年度がマチマチであるかもしれません。