簿記 FP ダブルライセンス

複数資格を持つ「ダブルライセンス」。比較的難易度の低い資格でも、組み合わせ方次第で強い武器になることもあるんです。ここでは、有効な資格の組み合わせ方法、活用方法について、キャリアコンサルタントの青木典子さんが解説します。 ≪fpと宅建のダブルライセンスをするとどんな働き方が可能か? FPと宅建のダブルライセンスがうまくいったら、実は開業しなくても、両方の資格を活用できる望みもあります( FPも宅建も、どちらも企業内で使うことも可能 な資格です)。 fpと行政書士のダブルライセンス. 簿記とfpを両方取るメリットは? 「簿記とfpのダブルライセンスはメリットが大きい」という話をよく聞きます。 これは、本当にその通りです。 簿記は、会社(法人)の仕訳しか学ばないので、個人の所得税とか全く分からないんですよね。 簿記2級のダブルライセンスにはファイナンシャルプランナー(fp)がおすすめ 簿記2級のダブルライセンスには社会保険労務士がおすすめ 簿記2級の次のステップとしてさらに上を目指すのであれば税理士 … こんにちは、1級FP技能士銀行員adovaです。 今日はFPを取った人で次の資格に進もうと考えている方に向けて、FPの知識を生かせるダブルライセンスを考えていきたいと思います。 逆に他の資格を持っている人でFP取得を考えている方にも是非読んでほしいところです。 fpはダブルライセンスの機会が多い資格です!fpがダブルライセンスをすれば、まったく新たなキャリアの道が開けますし年収だって激増します!ではどのような資格がよいのか?そこを分析しました ファイナンシャルプランナー(fp)は他の資格を取得してダブルライセンスとなることで、相乗効果を発揮して成功できるチャンスが大きくなります。それではさっそくファイナンシャルプランナーがダブルライセンスを目指す際に、おすすめの資格を10個ご紹介

fp(ファイナンシャル・プランナー)は合格率が甘くないものの就職当で有利な資格。ダブルライセンスも可能。簿記でやるならどうやるのがいいか検討しましょう ファイナンシャルプランナーと行政書士のダブルライセンスは、ビジネスで良い結果を出せる組み合わせです。 行政書士とは行政の手続きを行うプロフェッショナルで、主な仕事内容についてまとめてみました。 ファイナンシャルプランナーと行政書士のダブルライセンスは、ビジネスで良い結果を出せる組み合わせです。 行政書士とは行政の手続きを行うプロフェッショナルで、主な仕事内容についてまとめてみました。 2) 仕事で簿記を、プライベートでfpを活用できる方. fpと行政書士のダブルライセンス.

経理や法人営業など、 仕事で簿記を活用できる方で、かつ、プライベートの資産形成も時間的に余裕があり取り組みたいという方 には、簿記とfpのダブルライセンスがおすすめです。 難易度的には、fpと簿記が近いのでダブルライセンスを狙うならまずは簿記をおすすめします。 その中でも、企業などでも認知度が高い【 日商簿記 】がよいでしょう! その次が【 宅建 】ですかね? 可能でしたら、あなたには日商簿記1級・fp1級・社労士にもチャレンジしてほしいと思います。 fp2級と社会福祉士のダブルライセンスについて考えるページです。社会福祉士が次に目指す資格はfp2級と言われますが、これらの資格を両方持っていると就職に有利になります。なぜ有利になるのか、その理由について解説。fp2級が社会福祉士事務所経営に役立つ理由にも触れています。 ダブルライセンスの組み合わせとして考えられるのは、以下の3パターンです。 (1)同じ領域の資格を組み合わせる →例:簿記1級+batic(国際会計検定)、宅地建物取引主任者(宅建)+マンション管理士、itパスポート+基本情報技術者など なので、難易度的にfp1級とダブルライセンスを考えるなら【日商簿記1級】が一番おすすめと私は考えます。 【fp】は主に暗記、【簿記】は主に計算なので、人ぞれぞれ得意不得意でfpと簿記の難易度が逆転する場合もあるかと思います。