胃痛 ツボ りょうきゅう

胃腸の機能を高めるツボとして、「脾兪(ひゆ)」が有名です。 脾兪のあたりが張って、硬くなっている場合は、優しくこりをほぐしましょう。 「肝兪(かんゆ)」はストレス解消に効果的ですので、一緒に刺激するのもおすすめです。 「最近なんだか胃もたれが続いて治らない」意を決して胃カメラ検査に行ったら何の問題も見つからなかった・・・そんな経験はありませんか?その胃もたれ、実は結構メジャーな症状なんです!日本人の4人に1人は、胃に炎症やその他器質的異常がないにもかかわ 胃痛や下痢、便秘といった胃腸症状でお悩みの方は「ツボ押し」を試してみると良いかもしれません。 今回は胃腸の症状別にオススメの「ツボ」を紹介します。ご自宅や職場などでできる簡単なツボ押しもありますので、困ったときにはぜひ試してみてください。

梁丘:りょうきゅう 足の陽明胃経34番目の経穴(Stomach Meridian 34) 役職: 胃経の郄穴(筋や骨の隙間に入り込んだ邪を速やかに退けるツボ) 大腿前面の筋が丘のように盛り上がった部位という意味です。 膝蓋骨の上角から指3本ほど上の凹みにとります。 梁丘【りょうきゅう】 太ももの外側で、膝のお皿の骨の外側上端の指3本分上: 効果: 精力減退、胃ケイレンの特効ツボ、胃ケイレンの発作時や胃痛、胃弱、胃酸の分泌を抑制、胸焼け、ひざの関節痛やはれ、胃痛、胃痙攣、腹痛、下痢 【胃痛を解消するツボ】 ①頭維(ずい) ②地倉(ちそう) ③胃兪(いゆ) ④内関(ないかん) ⑤梁丘(りょうきゅう) 【胃の症状全般におすすめな背中のツボ】胃兪(いゆ) ⑤梁丘(りょうきゅう) 急な痛みのときには、腕の内側、心包経の内関と太ももの上、胃経の梁丘のツボも効果的です。 【胃痛を解消する頭のツボ】頭維(ずい) 額の角の髪の生え際あたりの場所。物をかむと筋肉が動くところ。 梁丘 (りょうきゅう)というツボで、 胃痛や腹痛だけでなく下痢止めにも効果があるツボ です。 膝のお皿(上部)に薬指がかかるように手を置き、ちょうど指3本分にあたる人差し指がある位置が梁丘 (りょうきゅう)です。 暴飲暴食はもちろん、ストレスなどを受けやすい胃はきちんとケアすることが大切です。ツボを押して胃の機能を高めていきましょう。 【胃痛を解消するツボ】 ①頭維(ずい) ②地倉(ちそう) ③胃兪(いゆ) ④内関(ないかん) ⑤梁丘(りょうきゅう)